猫に好かれる遊び方

猫カフェで猫に好かれるための過ごし方を紹介します。
猫の扱い方を知れば楽しい時間を過ごすことができますので、ぜひ一度ご覧ください。

順序としては、
猫にさわる猫じゃらしで遊ばせる写真を撮るひざに乗せると言ったように段階を踏むことが大事です。

猫にさわる

まずはご挨拶。いきなり抱っこしたりすると警戒されてしまいます。
人間と同じように猫にも好かれるための方法がありますので、ぜひ実践してみてください。


焦らずにあいさつから始めます

人差し指を猫の鼻にゆっくり近づけてあげると、猫は匂いをかぎます。
これで猫は認識します。
この後は、ゆっくり優しくさわってください。


やさしくなでてあげてください

なれてくると猫の方からスリスリしたり、なでてほしそうにします。
なでるときは猫の頭、背中、喉元をなでてみてください。逆に、お腹やしっぽは嫌がる子が多いのでやめましょう。

それぞれに好きな場所もありますし、色々さわってみてください。
ただし、嫌がっているときは過剰になでないようにしましょう。


お腹を見せるのは警戒心がないからです

喉をゴロゴロとならしたり、お腹を見せるのはご機嫌の証拠です。
もっとなでてあげてください。
こんな姿も見せてくれますよ。

猫じゃらしで猫と遊ぶ

なれてきたら猫じゃらしを使ってみましょう。
単純な動きではなかなか遊んでくれない場合もありますが、コツさえつかめば思い通りです。


隠すと気になります

猫の狩猟本能を刺激しましょう。
猫から見えなくなるような動きをすると気になって追いかけたり、クッションなどの下でゴソゴソさせたり、チラッと見せると何かいるのではないかと思い、気になってしまいます。

大きめに動かしたり、小動物のような動きにできればさらに良いです。


好みのおもちゃを見つけましょう

好みを把握することも大事です。
猫にはおもちゃの好みがそれぞれあります。
スタッフに聞いていただければお教えしますので、どんどん聞いてください。

基本的にはひもだけのおもちゃが好きな子が多いです。


新しいおもちゃは反応が良いです

おもちゃの持ち込みも大丈夫です。
新しいものには無条件に反応しますので、なかなかコツがつかめないときは、ぜひ新しいおもちゃで遊んでみてください。


ゲストの猫は遊ぶのが大好きです

ゲスト猫がいればチャンス。
普段から遊びなれているレギュラー猫たちは多少テクニックが必要ですが、ゲスト猫はとにかくよく遊びます。
子猫ならなおさらです。

猫の写真を撮る

フラッシュは厳禁ですが、写真の撮影はどんどんしていただいて構いません。
携帯電話でも大丈夫です。


猫と同じ目線にしゆっくり近づきましょう

コツは猫の目線で撮ることです。
寝転がって撮っていただくのも良い手です。


猫がくっついて寝ている姿はシャッターチャンスです

猫はとにかく動くので、寝ている子を撮るのが簡単です。
動く子の場合はカメラのピントを合わせておき、ひたすらシャッターチャンスまで待ちましょう。
焦ってはいけません。
猫じゃらしで目線をこちらに向けるのもいいでしょう。

猫をひざの上に乗せる

コロンちゃんはひざの上が好きです。
トラちゃんもなれていれば可能です。
他の子ではなかなか難しいですが、初めての方でも乗ることがあるのでチャレンジしてみてください。


やさしくそっと乗せましょう

まず猫のご機嫌を伺いましょう。
遊びたい気分のときは難しいですが、半分寝ているようなときはチャンスです。
猫の隣に座ってなでて安心させましょう。


猫が落ち着くまであまり触らない

コツはあまりさわりすぎないことです。
猫が自分で座る位置を決めますので、任せましょう。
わからなければスタッフに声をかけてください。


猫も常連さんのひざを覚えます

猫も慣れた人の方が当然好きです。常連になると、猫から積極的に乗ります。
2匹が同時に乗ることもあります。


箱で寝ているときはチャンスです

普段ひざに乗らない子も、箱などに入っている場合、そのままひざに乗せると案外ずっと乗っていることも多いです。
猫の抱っこはご遠慮いただいていますが、箱などに入って寝ているときにそっと膝に乗せる程度であれば構いません。
ぜひ試してみてください。

猫に好かれるには?

顔を見て名前を呼んであげましょう

焦らず、ゆっくり過ごしましょう。
ガツガツしていては猫もビビッてしまいます。
まずはプロフィールを見て、猫を名前で呼んであげてください。


おやつはみんな大好きです

おやつをあげるのも有効です。
ポイントカードの特典のみで販売はしていませんが、数回のご来店でたまりますので、ぜひお試しください。
モテモテです。


意外なものもおもちゃにします

新しいおもちゃは最高にテンションが上がるアイテムです。
猫のおもちゃでなくていいので、ちょっとしたひもや棒、紙袋なんかを用意すると興味津々です。

このページの先頭へ